2007年10月19日

東京ディズニーランドの桜

東京ディズニーランドに何十回も行ったことがある人でも
恐らく気づいていないかもしれない。

何がかというと、公園や遊園地になら必ずある桜の木が
1本もないのだ。
桜は日本を代表する木なのに・・
それにはちゃんとしたワケがあるようだ。

東京ディズニーランドは「夢と魔法の国」だからだ。
そこは時間が経つのも忘れて楽しむ場所であり、「時間」
というものが存在しない。

そういう場所に、季節を感じさせる桜、つまり時間の移り
変わりを感じさせる桜は似つかわしくないとのこと。

パーク内を歩いてみればわかるが、桜だけでなく落葉樹
というものもない。
春も秋もないんだねー
1年中、緑を保ち続ける常緑樹しかないのだ。

本当は、掃除が大変だからという気がしないでもないが・・
【関連する記事】
posted by ヒマジン at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。