2007年10月15日

亀田大毅の切腹

先日のボクシングで亀田大毅が負けたら「切腹」すると
いうことで話題になったが、そもそも切腹の使い方が
違うような気がする。

切腹とは江戸時代の武士にとって、最も名誉な死に方だ。
切腹=自分の汚れなき精神を見せるという意味がある。
さらに、武士道からくる名誉の尊重や死をも恐れぬ勇気
などの意味が加わり、武士の死に方では最高なのだ。

ボクシングの試合に負けたら名誉か?

どちらかというと同じ死ぬなら斬首の方ではないだろうか?
同じ死罪でも斬首は、悪人として幕府から処罰されるという
ことになる。

あの試合を見た限りでは、こちらが当てはまりそうな気が
するのだが・・
posted by ヒマジン at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。